復活節第5金曜日 (ヨハ15,12-17)

「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。」ヨハ15,12

イエスの掟とは、私たちがイエスご自身に倣って生きること、つまり、イエスと同じように愛に根差して生きることなのです。私たちが既に受け入れた愛を実践することによってこの愛は成長し、やがて完成されますように祈りましょう。

互いに愛し合う人々は、この愛によって結ばれています。愛が完成されたら、愛の絆も完成されますので、愛し合う人々は一つになるのです。イエスがいつも父である神と心を一つにすることができたのは、父である神を完全に愛していたからです。イエスは、同じように私たち一人ひとりと愛によって結ばれること、そしてやがて一つになることを、求めておられるのです。

私たちは、イエスに忠実に従うことによって、つまり自分の意志や望み、自分の心をイエスの心に合わせることによって、ますます深くイエスと結ばれて、完全な一致に向かって歩むことができますように祈りましょう。

全能の神よ、
主の死と復活を記念して祈ります。
わたしたちが、日々過越の神秘を生き、
救いの喜びに導かれますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す