年間第10主日B年 (マコ3,20-35)

「はっきり言っておく。人の子らが犯す罪やどんな冒涜の言葉も、すべて赦される。しかし、聖霊を冒涜する者は永遠に赦されず、永遠に罪の責めを負う。」マコ3,28-29

この地上は、善と悪の争いの舞台であると言えると思います。また、この争いは、霊的な善と霊的な悪の争いの現れであるとさえ言えるかもしれません。各々の戦いにおいて悪が勝ったり、善が勝ったりすることがありますが、最終的な勝利者はすでに決まっています。この勝利者とは、人格的な善そのものであり、堕落して悪霊となった天使を含めて、存在しているすべてのものの創造主である、神なのです。

イエス・キリストは、人格的な悪である悪霊に取りつかれていた人を、一言だけで解放する力を持っていました。イエスに対して敵意を持っていた人たちでさえ、イエスがベルゼブルの力や悪霊の頭の力を以て悪霊を追い出していると訴えることによって、イエスが悪霊を追い出す力を持っておられたという事実を認めていました。イエスは、このようなご自分の働きを説明して、次のように語ります。「わたしが神の指で悪霊を追い出しているのであれば、神の国はあなたたちのところに来ているのだ」(ルカ11,20)。要するに、ご自分が神ご自身の力、言い換えれば、聖霊の力を以て、悪霊を追い出しているということと、この働きは神の国の到来、つまり神ご自身の最終的な勝利を表すしるしであるということです。

人間は自由意志を持っていますので、善を行うことも、悪を行うことも選ぶことができます。そのような選択によって人間は、そんなつもりがなくても、実際に自分の仲間を選んでいるのです。人間は、殆どの場合、自分の無知のゆえに騙されて、悪を行うことによって自分の心を悪霊に対して開き、だんだんと悪霊の支配下に入り、悪霊の虜になっていくのです。

幸いに神は、誰一人と言えども諦めたりしませんので、人が回心して、神のもとに戻るよう常に働いてくださいます。ですから、悪霊の虜となったこの人が自分の過ちに気が付いて、神のゆるしを求めるならば、必ず神に受け入れられるということを、イエス・キリストが約束してくださったわけです。

けれども、人の罪や過ちを示してくださる聖霊の働きに応じることなく、頑なな心を持って、自分の罪や過ちの結果である現状に留まるならば、この人の罪がゆるされることはなく、命と愛、またその他のすべての良いものの源である神から、永遠に離れることになるということも、イエスが教え警告してくださっているのです。