復活節第6主日B年 (ヨハ15,9-17)

「わたしが父の掟を守り、その愛にとどまっているように、あなたがたも、わたしの掟を守るなら、わたしの愛にとどまっていることになる。」ヨハ15,10

イエスと出会うことによって神の愛を体験した人の心には、イエスのように愛したいという望みが生まれることがよくあります。この望みは、人生を照らし、それに素晴らしい目標と意義を与え、大きな喜びの源となります。けれども、イエスのように愛に生きることを強く求めても、全力を尽くして愛するように努力しても、なかなか思い通りに行かないのが殆どです。

こうして、自分の望みと自分の現実との間には緊張が生まれます。この緊張は、今まで知らなかった苦しみを生み出します。この苦しみを和らげるために、イエスのように愛することが不可能であると決めつける人がいます。確かに、この望みを非現実的なものであると思うようになって、それを諦めれば楽になりますが、同時にこの人の愛も成長することができなくなりますし、結果的に本当にイエスのように愛することができなくなるのです。

イエスが私たちに向かって、「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい」(ヨハ15,12)と言われたならば、私たちには、必ずそのような能力があるということです。この能力を生かして、イエスが愛したように愛するようになるために、まずイエスの言葉が本当に可能な目標を示していると信じて、その目標と今の現実とのギャップが生み出す苦しみを受け入れる必要があります。それから、たとえそれを自分が求めている愛と比較して、今の自分の愛は小さくて無に等しいものであると思っても、今自分が持っているこの小さな愛の実践に心がける、つまり、慌てずに、イエスの教えに一歩ずつ従って生きる必要があるということなのです。

全能の、神である父よ、
復活された主イエスの記念を真心こめて祝います。
この喜びを、
わたしたちが日々の生活の中に保つことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。