復活節第5主日B年 (ヨハ15,1-8)

「子たちよ、言葉や口先だけではなく、行いをもって誠実に愛し合おう。これによって、わたしたちは自分が真理に属していることを知り、神の御前で安心できます、心に責められることがあろうとも。神は、わたしたちの心よりも大きく、すべてをご存じだからです。」1ヨハ3,18-20

回心する前にファリサイ派に属していたパウロは、他の多くの人よりも律法を知っていましたし、他の多くの人よりも律法の定めに忠実に生きていました。それゆえに、パウロは、他の人よりも優れていると思って、自分が完璧な人間であるという自信を持っていたのです。

けれども、その時のパウロは律法の文字に忠実であっても、律法の精神から遠く離れていました。彼の生活には強い正義感があっても、愛やいつくしみが全然ありませんでした。律法を守らない人を厳しく罰することができても、人の弱さを理解することや、人の過ちをゆるし、人を力付け、正しい生活に導くことができませんでした。結果的にパウロは、神のみ旨に従って生きようと思っても、実際には神に逆らって生きていて、神の味方であるつもりであっても、実際には神の敵となっていたのです。

イエスと出会ってからパウロの生活が全く変わりました。確かに、イエスとの出会いは、彼にとって苦しいことでした。なぜなら、その時、自分自身がどれほど自分自身を騙していたか、どれほど現実から離れていたかという事実が分かったからです。それと同時に、パウロにとってイエスとの出会いは大きな希望と喜びの源にもなりました。その時から、パウロはもはや自分の力に頼らず、イエスが現してくださった神の力、特に神の愛といつくしみに頼るようになりました。イエスと繋がって生きるようになったパウロは、他人に対する態度も変え、彼の心が神ご自身の心のように広くなりました。そのような生活によって、彼が本当に神を知っているということ、本当に神の子になったということを表していたのです。

私たちもパウロのように、私たちの心よりも大きな神の愛に力付けられて、自分の現状を知り、神のいつくしみに頼ることによって、神の愛に生きることができますように祈りましょう。

聖なる父よ、
あなたは、キリストによってわたしたちをあがない、
神の子どもとしてくださいます。
あなたの愛を受けた民を顧み、
御子を信じる人々に、
まことの自由と永遠の喜びをお与えください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。