復活節第4土曜日 (ヨハ14,7-14)

 「イエスは言われた。『フィリポ、こんなに長い間一緒にいるのに、わたしが分かっていないのか。わたしを見た者は、父を見たのだ。なぜ、「わたしたちに御父をお示しください」と言うのか。わたしが父の内におり、父がわたしの内におられることを、信じないのか。わたしがあなたがたに言う言葉は、自分から話しているのではない。わたしの内におられる父が、その業を行っておられるのである。』」ヨハ14,9-11

  イエスは、ご自身が仰っているように、父である神と一体となっていますので、イエスを見ることは神を見ること、イエスの言葉を聞くのは神の言葉を聞くこと、イエスを知ること、つまりイエスと繋がることは、神ご自身と繋がることになるわけです。

私たちは、イエスの言葉に聞き従い、イエスと共に生きることによって、イエスとの絆をますます強めることができますように祈りながら、私たちの言葉と行いをとおして、イエスの愛、イエスご自身をますます正確に現すことができますように祈りましょう。

全能永遠の神よ、
御子イエズスの死と復活の恵みを
わたしたちのうちに実らせてください。
洗礼によって新たに生まれたわたしたちが、
生活の中で信仰のあかしを立て、
永遠の喜びを受けることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

コメントを残す