復活の金曜日 (ヨハ21,1-14)

「イエスは言われた。『舟の右側に網を打ちなさい。そうすればとれるはずだ。』そこで、網を打ってみると、魚があまり多くて、もはや網を引き上げることができなかった。イエスの愛しておられたあの弟子がペトロに、『主だ』と言った。シモン・ペトロは『主だ』と聞くと、裸同然だったので、上着をまとって湖に飛び込んだ。」ヨハ21,6-7

今日の福音が描いている、使徒たちの体験が示しているように、復活したイエスは、約束通りにいつも共にいてくださいますが、そのことが分からなくて、自分の力だけを頼りにするならば、良く慣れている仕事でさえも望んでいる実を結びません。けれども、イエスの言葉に従って行う仕事は、期待以上に素晴らしい実を結ぶのです。

私たちがいつもイエスの言葉に従って働くことができますように。そしてこの働きがもたらす実をとおして、復活したイエスが一緒にいてくださること、また、一緒に働いてくださることを実感し、私たちも他の多くの人々もイエスによって養われますように祈りましょう。

全能、永遠の神よ、あなたは
御子キリストの死と復活によって、
和解の恵みを与えてくださいました。
信仰をもって祝うこの神秘が、
日々の生活に実りをもたらすものとなりますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。