復活の水曜日 (ルカ24,13-35)

「二人が、『一緒にお泊まりください。そろそろ夕方になりますし、もう日も傾いていますから』と言って、無理に引き止めたので、イエスは共に泊まるため家に入られた。一緒に食事の席に着いたとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになった。すると、二人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えなくなった。」ルカ24,29-31

弟子たちは、イエスについてただ自分たちだけで考えたり、論じ合ったりしていたときに、イエスのことが分からずに、イエスが示した道を歩むことができませんでした。けれども、復活したイエスの言葉に耳を傾けて、イエスと食卓を囲むことにより、イエスのことがやっと分かるようになったし、与えられた使命を果たすこともできるようになったのです。

私たちは、神の言葉である聖書を読んだり、秘跡にあずかったりして、生きておられるイエスと接することによって、イエスのことをより深く理解し、イエスとより強く結ばれ、イエスと共に歩むことによって、イエスが成し遂げられた救いのわざがもたらす恵みを、他の人に伝えることができますように祈りましょう。

聖なる父よ、あなたは、
御子キリストによって新しい希望を世にお与えになりました。
主の復活を年ごとに祝うわたしたちが、
永遠の喜びへの道を力強く進むことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。