四旬節第3土曜日 (ルカ18,9-14)

「徴税人は遠くに立って、目を天に上げようともせず、胸を打ちながら言った。『神様、罪人のわたしを憐れんでください。』言っておくが、義とされて家に帰ったのは、この人であって、あのファリサイ派の人ではない。だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。」ルカ18,13-14

恐らく、心の奥底で誰でも正しい人、善い人になりたいと思うものですが、いろいろな理由で善い人になるのは無理であると思い込んで、自分の欠点や悪いところを正当化したり、他の人のせいにしたり、またそれが自分の特徴や性格であると決めつけたりして、それをそのままで生きる人もいれば、自分の欠点や悪いところを無視して、自分がすでに善い人であると信じ込んで、善い人のふりをしている偽善者として生きる人もいます。どちらの場合も、少し気楽になることができても、成長することも、心の望みに応えることもできないのです。

私たちは、自分の欠点や弱点や悪いところを認識しながらも、たとえ自分だけの力では無理であっても、私たちを創造してくださった方の力によって必ず善い人、正しい人になれると信じることができますように。そして、神に心を開いて、最も完全な人間であるイエス・キリストに倣って生きることによって成長し、真に善い人、正しい人になることができますように祈りましょう。

わたしたちの父である神よ、
喜びをもって受難節の典礼を行なうわたしたちが、
御子の死と復活の神秘にあずかり、
その豊かな実りを味わうことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって祈ります。アーメン。