四旬節第3金曜日 (マコ12,28b-34)

「律法学者はイエスに言った。『先生、おっしゃるとおりです。「神は唯一である。ほかに神はない」とおっしゃったのは、本当です。そして、「心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして神を愛し、また隣人を自分のように愛する」ということは、どんな焼き尽くす献げ物やいけにえよりも優れています。』」マコ12,32-33

人間は神を深く知れば知るほど、神に対する人間の愛が深まり、愛の表現が変わっていきます。私たちの命をはじめ、私たちを囲んでいるすべてのものが神の賜物であると実感している人は、神に感謝します。神の賜物、働きと言葉が表している神の愛と知恵、また、素晴らしさと偉大さを知った人は神を賛美し、ほめたたえます。神の愛が無条件で、変わることがなく、人間の罪と死よりも強いものであると分かれば、人間は神に信頼し、自分のすべてをゆだねます。賜物よりもその与え主が大事であり、自分の望みを適えるために神の助けを受けるよりも、神から与えられた使命を果たすことが大事であると分かるほどまでに神を知るようになった人は、神と一つになりたいと望み、自分を神に奉献します。

私たちは、ますます深く父である神を知ることによって、神に対する私たちの愛が、神との完全な一致に至るまで段々と深まっていきますように祈りましょう。

全能の神よ、
信じる者の心にいつくしみを注いでください。
あなたの民が正しい道から外れることなく、
永遠のいのちのことばにいつも従うことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって祈ります。アーメン。