年間第5水曜日 (マコ7,14-23)

「(イエスは) 次のように言われた。『人から出て来るものこそ、人を汚す。中から、つまり人間の心から、悪い思いが出て来るからである。みだらな行い、盗み、殺意、姦淫、貪欲、悪意、詐欺、好色、ねたみ、悪口、傲慢、無分別など、これらの悪はみな中から出て来て、人を汚すのである。』」マコ7,20-23

人間の悪い思いや悪い行いの原因は、外にあるのではなく人の心の中にあるということを、イエス・キリストが教えています。そのために、人間はいくら努力しても、環境や仲間を変えることができたとしても、心の中にある問題を解決しない限り、正しく生きることも幸せになることもできないのです。

私たちは正しく生きるために、表面的な努力に留まらず、父である神のいつくしみ深い愛を信頼し、勇気を出して自分の心をありのままに知ることができますように。そして、自分の心の中にある問題や悪を認めることによって心を開き、イエス・キリストの働きに協力して心を清めていただき、すべての束縛から解放されますように祈りましょう。