年間第4金曜日 (マコ6,14-29)

「王は非常に心を痛めたが、誓ったことではあるし、また客の手前、少女の願いを退けたくなかった。そこで、王は衛兵を遣わし、ヨハネの首を持って来るようにと命じた。衛兵は出て行き、牢の中でヨハネの首をはね盆に載せて持って来て少女に渡し、少女はそれを母親に渡した。」マコ6,26-28

時に、私たちが行った悪は、小さくて、誰にも害を与えないように見えるので、その程度の悪なら問題がないと思うかもしれません。けれども、そのような悪を退けずに、それを行い続けることを自由に選ぶならば、段々と自由を失い、その悪の奴隷になってしまいます。そして結果的に、ヘロデ王と同じように、求めていない悪だけではなく、想像もしなかったような悪さえ行うことになる恐れがあるのです。

私たちは、悪に騙されることがなく、悪の被害者になることがないように、大きなことにおいても小さなことにおいても、必ず善を選ぶことができますように祈りましょう。

全能の神よ、
あなたの支配に逆らう悪の力を滅ぼしてください。
罪から解放されたわたしたちがあなたの国を待ち望み、
正義を行う者となることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。