年間第4月曜日 (マコ5,1-20)

「この人は墓場を住まいとしており、もはやだれも、鎖を用いてさえつなぎとめておくことはできなかった。これまでにも度々足枷や鎖で縛られたが、鎖は引きちぎり足枷は砕いてしまい、だれも彼を縛っておくことはできなかったのである。彼は昼も夜も墓場や山で叫んだり、石で自分を打ちたたいたりしていた。」マコ5,3-5

人間は、全く価値のない物事に何らかの価値があると思ったり、実際に自分に害を与える物事が役に立っているとか、どうしても必要であると思ったりすることがあります。その時は、そんなつもりがなくても、何の価値もないものを大事にしたり、自分に害を与えるものを追求したりしているわけです。このような勘違いをしている人は、大切にしている物事の本当の価値や、価値の無さ、また、この物事から実際に受けている悪い影響に気付いて、価値のない物事や自分に害を与える物事を手放さない限り、自分に本当に必要な善を受け入れることができず、幸せに生きることもできないのです。

ますます多くの人々が、イエス・キリストの教えとイエス・キリストご自身を知ることによって、物事の実際の価値と役割をありのままに見ることができますように。そしていろいろな束縛から解放されて、真に価値のあるものを受け入れることと、正しい道を歩むこと、つまり、自分をも周りにいる人をも生かすような生き方をすることができますように祈りましょう。

聖なる父よ、
あなたをいつも敬い、愛する心をお与えください。
あなたを愛して生きる者は見捨てられることがないからです。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。