復活節第3金曜日 (ヨハ6,52-59)

「イエスは言われた。『はっきり言っておく。人の子の肉を食べ、その血を飲まなければ、あなたたちの内に命はない。わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、永遠の命を得、わたしはその人を終わりの日に復活させる。』」ヨハ6,53

体と霊魂の結合である人間の体は、霊魂の実質(肉体)面の表れでありますので、人間らしい、つまり人間を本当に生かすような肉体的な交わりとは、ただ肉体のレベルに留まるものではなく、霊魂の交わりにもなっているときだけなのです。

キリストの体であるご聖体を受けている私たちが、キリストの体と共にキリストの霊を受け入れつつ、自分自身の体と霊魂をキリストにささげることによって、聖体拝領は私たちを生かすものとなり、キリストとの絆を強め、愛である神との完全な一致を実現させるものとなりますように祈りましょう。

信じる者の力である神よ、
御子イエズスの復活をともに喜ぶわたしたちが、
聖霊の愛に強められ、
新しいいのちの道を歩むことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す