年間第2火曜日 (マコ2,23-28)

「そして更に言われた。『安息日は、人のために定められた。人が安息日のためにあるのではない。』」マコ2,27

神が、掟によって人間を支配したり、コントロールしたりすると考える人が大勢いるようですが、イエス・キリストが教えているとおりに、人間が作った法律と違って、神が与えてくださった掟は、必ず人のためになるものなのです。つまり、神が何かを禁じるのは、それが人間にとって悪いもので、害を与えるものであるからです。また、何かを命じるのは、それが人間にとって良いもので、人間を生かすものであるからです。

私たちは、父である神がイエス・キリストを通して与えてくださった教えを、永遠の命への道しるべとして受け入れ、この教えが示している道を歩むことによって、人間として成長し、完成されますように祈りましょう。

全能の神よ、
わたしたちがいつも聖霊の光を求め、
ことばと行いをもって、
み旨を果たすことができるように導いてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。