5月3日 聖フィリポ 聖ヤコブ使徒 (ヨハ14,6-14)

「イエスは言われた。『わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。あなたがたがわたしを知っているなら、わたしの父をも知ることになる。今から、あなたがたは父を知る。いや、既に父を見ている。』」ヨハ14,6-7

聖書の世界の中で、誰かを「知る」とは、ただ誰かについて知識を持つということだけではなく、この人と関係を持つこと、この人に繋がることでもあるのです。私たちがキリストを知ることによって父である神を知るというのは、キリストと繋がることによって、父である神と繋がることなのです。

すべての人々が信仰と愛によってイエスと結ばれて、父である神と和解し、愛の交わりのうちに永遠に生きることができますように祈りましょう。

全能の神よ、あなたは年ごとに、
使徒フィリポとヤコブを記念する喜びをお与えになります。
使徒の取り次ぎを求めるわたしたちが、
キリストの死と復活にあずかり、
永遠の喜びのうちにあなたを仰ぎ見ることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す