1月14日 年間第2主日B年 (ヨハ1,35-42)

「ヨハネは二人の弟子と一緒にいた。 そして、歩いておられるイエスを見つめて、『見よ、神の小羊だ』と言った。二人の弟子はそれを聞いて、イエスに従った。」ヨハ1,35-37

神の指示に従って、ユダヤ人たちは神に小羊や他の動物をいけにえとしてささげることによって神を礼拝したり、いただいた恵みに感謝したり、新たな祝福や犯した罪のゆるしを願ったりしました。これは、そのとき神のことを殆ど知らなかった人たちが神と関わる方法、人間が神に近づくためのその心の状態や理解力に合わせて神が与えられた方法でした。

残念ながら、時が立つにつれて、この儀式は人の心の状態と何の関係もない形式的なものになりました。そのために、人々はそれを行うことによって神に近づく代わりに、神から遠ざかっていったのです。

洗礼者ヨハネは、イエスを見て、彼が「神の小羊」であると宣言しました。「神の小羊」というのは、神が人類に与える捧げ物であるという意味だったのでしょう。要するに、イエスこそ、神が人類に近づく、人々と交わる新しい方法であるということです。

残念ながら、人々はこの賜物を喜んで受け入れる代わりに、神の望みに逆らって、イエスを十字架につけ、殺してしまったのです。もし、人類の歴史がその瞬間で終わったならば、神に近づく希望が完全になくなったし、人類は永遠に神から離れた状態に留まり、つまり、永遠の死に定められたことになったに違いありません。

幸いにイエスは、ご自分を十字架につけた人々のためにゆるしを願ってから、ご自分の命を神にささげました。それによって、イエスは人間が犯したこの最も大きな罪を完全な奉献に変えてくださったのです。この奉献のおかげで、人間が神との親しい交わりに生きることが可能になったと同時に、神の命にあずかることによって、神の子どもになることも可能になったのです。

神の小羊であるイエスのいけにえの実りにあずかるために、今私たちは、イエスの最初の弟子と同じようにただイエスに近づき、イエスと絆を結び、親しい交わりのうちに生きるだけで十分なのです。

天地万物を治められる神よ、
あなたの民の祈りをいつくしみをもって聞き入れ、
世界に平和への道を示してください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、
支配しておられる御子、
わたしたちの主
イエス・キリストによって。アーメン。