1月12日 年間第1金曜日 (マコ2,1-12)

「四人の男が中風の人を運んで来た。しかし、群衆に阻まれて、イエスのもとに連れて行くことができなかったので、イエスがおられる辺りの屋根をはがして穴をあけ、病人の寝ている床をつり降ろした。」マコ2,3-4

人間は神の命と愛にあずかるために創造されていますので、神との愛の交わりに生きているときだけ、真に幸せです。それゆえに、誰かを神のもとに導くことは、この人のために最善のことを行うことであり、最高の愛の実践なのです。

私たちは、様々な妨げに出遭っても、それを乗り越えて、ますます多くの人々を、人間と神との唯一の仲介者であるイエス・キリストのもとに導くことができますように祈りましょう。