復活節第3水曜日 (ヨハ6,35-40)

「父がわたしにお与えになる人は皆、わたしのところに来る。わたしのもとに来る人を、わたしは決して追い出さない。わたしが天から降って来たのは、自分の意志を行うためではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行うためである。」ヨハ6,37-38

  イエスは、ご自分のもとに来る人を、どんな人であっても受け入れてくださいます。それは、自分の利益ばかりを求める人であっても、罪を犯してきたことによってこの罪の対象に執着していて、正しい生き方や他人を愛することができない人であっても、必ず受け入れられるのです。ですから、誰でも安心してイエスのもとに近づけばいいのです。けれども、イエスが与えてくださる最高の賜物を受け入れることができるためには、開かれた心、つまり自分の価値観や自分の望み、また、人間関係や自分の生き方を、変える覚悟を持つ必要があるのです。

私たちはイエスと共に生き、イエスに従うことによって、イエスの働きを承諾し、自分自身を少しずつ変えることをイエスに承諾することができますように祈りましょう。

世界を治められる神よ、
あなたの家族を顧みてください。
信仰の恵みを受けた人々が御子イエスの復活にあずかり、
終わりなく生きることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す