復活節第3火曜日 (ヨハ6,30-35)

「イエスは言われた。『はっきり言っておく。モーセが天からのパンをあなたがたに与えたのではなく、わたしの父が天からのまことのパンをお与えになる。神のパンは、天から降って来て、世に命を与えるものである。』」ヨハ 6,32-33

  人間は命を伝えることやそれを養うこと、また、命をあやつることができても、それを完全に理解することはできないし、まして命を創ることや、それを永遠に保つこともできないのです。命は神秘的なもので、宇宙万物の創り主である神、命の唯一の源であり、命そのものである神の賜物なのです。神はイエス・キリストをとおして、すべての人々に永遠の命を与えたいと望んでおられますし、イエス・キリストをとおして命という賜物の正しい用い方、つまり、命の与え主の望みに適う用い方を教えてくださっているのです。

私たちは、イエス・キリストとの絆を深めることによって、ますます豊かに神の命を受け入れることができますように祈りましょう。そして、イエスとの愛の絆が完成されて、イエスと一つになることによって神の命に完全に満たされ、神との愛の交わりのうちに永遠に生きることができますように祈りましょう。

いのちの源である神よ、
あなたは、水と聖霊によって新たに生まれた者に、
天の国の門を開いてくださいます。
すべての罪をゆるされた人々が恵みのうちに成長し、
約束された喜びに入ることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

コメントを残す