年間第26主日C年 (ルカ16,19-31) 

「主は豊かであったのに、あなたがたのために貧しくなられた。それは、主の貧しさによって、あなたがたが豊かになるためだったのです。」2コリ8,9

お金そのものは、決して悪いものではありませんし、お金を全然持っていないよりは、持っていた方がいいに決まっています。けれども、お金を持っている時、特に必要以上に持っている時には、それに伴う危険性を意識して、害を受けないように気を付ける必要があると思います。

お金に関する危険性は沢山あるでしょうが、その内の一つについてだけ考えてみたいと思います。お金は、それを持つ人にいろいろな可能性を与えますが、その全ての可能性がこの人を生かすようなもので、この人を本当の幸せに近づかせるようなものであるわけではありません。そのために、いろいろな可能性の中から、正しい可能性を選ぶための確かな基準が必要です。

このような基準がなければ、お金を持っている人は、心の本当の飢え渇きを満たすために必要なものというよりも、単にお金で買えるようなものを求めるようになり、お金で買うもので満たすことのできない心の望みを無視し、自分の欲望を優先してしまう恐れがあるのです。

そうなると、お金で買えるようなもので欲望を満たし、一時的に満足を得て喜びを感じることができますし、暫くの間、飢え渇く心の叫びが聞こえなくなります。けれども、このような気持ちが過ぎたら、満たされたはずの欲望は前よりも大きくなりますし、心の飢え渇きも大きくなるのです。そのために、少しでも満足や喜びを楽しめるように、また、心の叫びを聞こえなくするように、ますます沢山のものが必要になりますので、このように生きている人は、贅沢しても沢山のものを集めても、本当の豊かさ、つまり、心を満たし人間に真の幸福を与える豊かさを、知らずに生きることになるわけです。そのような態度を変えない人は、集めたものを何時か必ず失いますが、心の飢え渇きは永遠に満たされないままに残るのです。

裕福な人も貧しい人も、イエスの模範や教えを基準にして生きることによって、心が満たされ、本当に豊かで幸せな人生を送ることができますように祈りましょう。

全能の神よ、
あなたのゆるしは限りなく、
そのあわれみはすべてに及びます。
あなたを探し求める人に恵みを注ぎ、
永遠の喜びを与えてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第25主日C年 (ルカ16,1-13)

「ごく小さな事に忠実な者は、大きな事にも忠実である。ごく小さな事に不忠実な者は、大きな事にも不忠実である。」ルカ16,10

人間の財産や富というのは、必ずしもお金のことではありません。人によってそれは体力や体そのものであったり、いろいろな才能、能力、経験や学歴であったり、仕事や社会的な地位、また、いろいろな人間関係などのようなものであったりします。あなたの財産や富は、何でしょうか。また、あなたはそれをどのように、何のために用いているのでしょうか。

多くの人は、自分の財産や富が自分のもの、例えば自分が働いて手に入れたものですので、それを好きなように使う権利があると考えているようです。このような考えに従って、自分の富を自分のためにだけ利用する人は、そんなつもりがなくても、いつの間にか自分の富に仕えるようになって、この富によって支配され、場合によっては滅ぼされることさえあるのです。

イエス・キリストが私たちに教えているのは、私たちが持っているすべての富は、この世界を創造してくださった神からいただいたものであるということです。従って、神こそが、私たちが持っている財産や富の本当の所有者であって、私たちは、その富の管理者にすぎないわけです。神がこの賜物を何らかの目的のために与えてくださったので、自分の財産や富の最も賢明な扱い方というのは、それを私たちに委ねた神の意向に従って管理することなのです。最終的に、神は私たちのために、私たちが愛に生き、私たちが愛において成長することのみを求めておられますので、任されている財産を神の望みに従って使うとは、それを自分のためにだけではなく、他の人のためにも用いるということなのです。

イエス・キリストは、このように教えただけではなく、ご自身が正にその通りに生きておられたのです。実際に、イエスはこのように生きられたからこそ、完全な人になり、すべての人のための救いの源になられたのです。

イエスの模範と力に支えられて、私たちは世界の常識に逆らって、自分の財産を父である神の望みに従って管理することができますように。そしてそれによって私たちが生かされるだけではなく、私たちが出会う多くの人々も生かされますように祈りましょう。

ひとり子を与えるほど世を愛された父よ、
あなたは愛のおきてによって、
すべてを完成に導いてくださいます。
わたしたちが互いに愛し合うことによって、
人々にあなたの愛をあかしすることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

9月15日-9月21日(38週)

15日(日)年間第24主日

16日(月)聖コルネリオ教皇、聖チプリアノ司教殉教者(記)

17日(火)年間第24火曜日

  (聖ロベルト・ベラルミノ司教教会博士)

18日(水)年間第24水曜日

19日(木)年間第24木曜日

  (聖ヤヌアリオ司教殉教者)

20日(金)聖アンデレ金と同志殉教者(記)

21日(土)聖マタイ使徒福音記者(祝)

 

 

年間第24主日C年 (ルカ15,1-32)

「徴税人や罪人が皆、話を聞こうとしてイエスに近寄って来た。すると、ファリサイ派の人々や律法学者たちは、『この人は罪人たちを迎えて、食事まで一緒にしている』と不平を言いだした。」ルカ15,1-2

イエス・キリストは、「放蕩息子のたとえ」を通して、次のことを教えておられます。罪とは、神からいただいた命、能力と他の恵みを、神の意向と神ご自身を無視して自分の考え方や欲望に従って用いることです。そのような罪の結果は、人間の堕落と不幸です。回心とは、自分の罪の結果を認めたうえで、神のもとに戻ることです。罪のゆるしとは、神との交わりに受け入れられることによって、神と和解することです。

「見失われた一匹の羊のたとえ」と「無くされた一枚の銀貨のたとえ」を通してイエスが教えてくださったのは、神が罪びとの回心を待っておられるだけではなく、人間を回心とご自分との和解に導くために、御自ら働いてくださるということなのです。実は、御子の受肉、つまり、神の御ひとり子が人間になって、私たちの間で人間として生き、活動され、死に、復活されたことは、神の救いの働きの頂点なのです。

人間になられた御子において神は、罪を犯すことによってご自分から離れて、永遠の滅びに向かっていた人間のところに来られて、人間が神との交わりに戻るのを可能にしてくださったのです。このような働きは、想像もつかないほど大きな恵みですが、羊や銀貨と違って、人間には自由意志がありますので、人間が神との交わりに戻るために、この神の働きだけでは十分ではありません。必要なのは、人間の心の中で、神との交わりに戻りたいという望み、つまり神への愛を起こすことなのです。

人間の心の中で神への愛を起こすためにこそ、イエス・キリストは、神のいつくしみ深い愛について教えてくださったし、罪に生きていた人々と共に食卓を囲んだり、人間の病気を癒したり、悪霊を追い出したりして、神の愛を現してくださったわけです。言うまでもなく、神の愛の最も完全な啓示は、それと同時に人間を神のもとへ最も力強く引き寄せるのは、イエス・キリストの十字架上の死と復活なのです。

ますます多くの人々がイエス・キリストの生涯とイエスの教えを知り、イエスの言葉と行いにおいて、神の愛の素晴らしさを見出すことができますように。そして、父である神の素晴らしさと偉大さに憧れて、神のもとに近づき、神と和解し、神との愛の交わりに生きることによって、永遠の喜びに向かって歩みながら、神の愛を他の人に現すことができますように祈りましょう。

天地万物を造り、治められる全能の神よ、
あなたの民を顧みてください。
わたしたちが救いの力を知り、
心を尽くしてあなたに仕えることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第23主日C年 (ルカ14,25-33)

「自分の十字架を背負ってついて来る者でなければ、だれであれ、わたしの弟子ではありえない。自分の持ち物を一切捨てないならば、あなたがたのだれ一人としてわたしの弟子ではありえない。」ルカ14,27.33

イエス・キリストが神のいつくしみ深い愛について語り、ご自分の行いによってこの愛を実際に表してくださった時に、多くの人々が喜び、大きな希望を持ってイエスについて行ったり、イエスのもとに集まって、イエスの言葉に耳を傾けたりしました。けれども、イエスの言葉を自身も行った人は少なかったし、イエスに最後まで従った人は、たったの数人だけでした。

確かに、神の愛は何よりも素晴らしく、魅力的なもので、何よりも価値のあるものです。このような神の愛に生きる人だけが完全に満たされ、永遠に幸せに生きることができますが、この愛を受け入れるために、他のすべてのものを手放さなければならない、つまり、必要なものを持ち続けながらも、あらゆる執着と他の束縛から解放されて、すべてのものに対して自由にならなければなりません。

それから、この世において神の愛に生きる人は、イエスと同じように他の人々によって不正な扱いをされたり、苦しい目に遭わせられたりすることがあります。そのために、神の愛を受け入れること、また、この愛に忠実に生きることは、なかなか難しいことなのです。

このような苦しみ、つまり愛に伴う苦しみを受け入れることこそ、イエスが言われる十字架を背負うことであって、このような苦しみを受け入れる覚悟を持つ人だけが、イエスの真の弟子になり、イエスに最後まで従い、愛の完成にあずかるようになるのです。

私たちは、神の愛の受肉であるイエスをますます深く知ることによって、イエスの素晴らしさにますます強くあこがれますように。そして、イエスに対する愛に強められて、神の愛を受け入れ、どんな状況においてもこの愛に忠実に生きることによって、この愛において成長しながら、それを出会う人々に伝えることができますように祈りましょう。

聖なる父よ、
あなたはキリストによってわたしたちをあがない、
神の子どもとしてくださいます。
あなたの愛を受けた民を顧み、
御子を信じる人々に、
まことの自由と永遠の喜びをお与えください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。