年間第3主日C年 (ルカ1,4-4.14-21)

 「主がわたしを遣わされたのは、捕らわれている人に解放を、目の見えない人に視力の回復を告げ、圧迫されている人を自由にし、主の恵みの年を告げるためである。」ルカ4,18-19

福音記者聖ルカが、自分の福音書をテオフィロという人のために書き記すと伝えています。テオフィロという名は「神に愛されている者」、また「神を愛している人」を意味します。父である神はすべての人を愛していますので、この福音書は、誰か一人の人のために書かれたのではなく、すべての人のために書かれたということになります。同じことを聖書全体についても言うことができます。すなわち、聖書は父である神がいろいろな人を通じて、ご自分の愛する子らのために、送ってくださった手紙であるということなのです。

誰かが愛する人に手紙を送るとき、まず自分の愛を表したいのではないかと思います。同じように、父である神は聖書の言葉によって、私たち一人ひとりに対するご自分の愛を表しているのです。

また、親が自分の子どもに手紙を書くならば、その中でいろいろな注意をしたり、アドバイスを与えたりするし、子どもが困っているならば、その子を励ましたり、力付けたりするような言葉も書くでしょう。同じように、聖書の言葉によって、父である神は私たちを教え、導き、慰め、励ましてくださるのです。

そういう意味で聖書はどんな本よりも重要な書物ですが、その言葉が父である神が求めておられるような実を結ぶためには、神に対する信頼と開かれた心が、それを読む人には必要です。なぜなら、多くの場合、神の教えは、私たちが慣れている考え方に逆らっているし、私たちの考え方の変更と同時に、生き方の変更をも要求しているからです。私たちは、聖書を読んで理解したことを実行することによってだけ、その言葉をますます深く理解することができるし、神の愛をますます強く実感し、自分が歩むべき道、また、父である神が私たちに与えてくださる使命を知ることができます。さらに、暗闇や困難の時にも聖書を読み続けると、神の言葉は必ず私たちを励まし力付けてくださるので、ますます多くの人々がどんなときにも神の言葉を読み、それに従って生きることができますように祈りましょう。

全能永遠の、神である父よ、
わたしたちの行いがいつも
み旨にかなうよう導いてください。
御子キリストのうちにあって
豊かな実を結ぶことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、
支配しておられる御子、
わたしたちの主
イエス・キリストによって。アーメン。

1月26日 聖テモテ 聖テトス (ルカ10,1-9)

「主はほかに七十二人を任命し、ご自分が行くつもりのすべての町や村に二人ずつ先に遣わされた。そして、彼らに言われた。『収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい。』」ルカ10,1-2

毎年と同じように今年も、キリスト教の歴史において最も優れた宣教師であった聖パウロの回心の祝日に続き、聖パウロの弟子であった聖テモテと聖テトスの記念日を祝います。教会がこのように祝日を並べることによって、また、今日のために定めた聖書の朗読によって私たちに伝えたいのは、宣教活動は個人の作業ではなく共同作業であり、大切なのは、いただいた信仰を次の人に、次の世代に伝えることであるということなのです。

信仰が2000年にも渡って私たちに伝わってきたことを感謝しながら、私たちもこの信仰を自分の行いと言葉によって、次の世代に伝えることができますように祈りましょう。

恵み豊かな神よ、
あなたは聖テモテとテトスに、
使徒にふさわしい知識と勇気をお与えになりました。
聖人の祈りに支えられるわたしたちが、
正義と愛をもって生き、永遠の国に迎えられますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

1月25日 聖パウロの回心 (マコ16,15-18)

「イエスは言われた。『全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい。』」マコ16,15

パウロにとって、犯罪人と同じように十字架上で亡くなったイエスは、神によって呪われた偽りのメシアでありました。また、イエスがメシアであると信じて、イエスのことを他の人に伝えていた人たちは惑わされた人であると同時に、他の人を惑わす人でもあったのです。ですから、パウロは彼らを迫害することが正しいことで、自分は神に仕えるものであると考えていたわけです。

しかし、パウロは、十字架上で亡くなったイエスが生きておられることを体験してから、イエスを復活させた神がイエスこそが真の救い主であると示したことを自覚し、イエスに従い、イエスとその福音を宣べ伝えることこそが、神に仕えるものであるとの確信を持つようになったのです。

ますます多くの人々が、生きておられるイエスと出会い、自分の生き方を改めイエスに従い、イエスから与えられる使命を、聖パウロと同じように熱心に果たすことができますように祈りましょう。

救いの源である神よ、
あなたは使徒パウロの宣教によって、
全世界に信仰を伝えてくださいました。
聖パウロの回心を祝うわたしたちが、
聖人にならって回心の道を歩み、
真理を世界にあかしすることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第2主日C年  (ヨハ2,1-11)

「母(マリア)は召し使いたちに、『この人が何か言いつけたら、そのとおりにしてください』と言った。」ヨハ2,5

愛の契約を結ぶことによってイスラエルは神の民となって、神はイスラエルの神となりました。そのときから、イスラエルと神の関係は、花嫁と花婿の関係に譬えられて、婚礼は、神とイスラエルが結ばれた契約の象徴となったのです。

残念ながら、イスラエルは神と結んだ契約に忠実ではありませんでした。神の愛を裏切ったイスラエルについて預言者ホセアは、「この国は主から離れ、淫行にふけっている」(ホセ1,2)と語ります。また、イエスは、「この民は口先ではわたしを敬うが、その心はわたしから遠く離れている」(マタ15,7-9)という言葉をもってこの状況を表しました。カナの婚礼の時にぶどう酒がなくなったために、結婚したばかりの新郎と新婦の関係は大きな危険に直面したのです。ぶどう酒がなくなったことと、その結果として生じた危機は、イスラエルが神を愛せなくなったがゆえに、イスラエルと神の関係が、完全な破壊に向かっていることを、象徴的に表しているのです。

イエスが、皆が今まで飲んだぶどう酒よりも美味しいぶどう酒、しかもそれを溢れるほど供給した場面を見た弟子たちは、そのしるしの意味をよく理解して、イエスの使命がはっきりと分かりました。要するに、イエスが約束されたメシアであり、イスラエルと神との関係に新しい命を吹き込むことによって、神との関係を回復させるために来られた方であるということです。

イエスは、カナの婚礼での最初のしるしによって表した通りに、ご自分の血を流すことによって新しい契約を結び、イスラエルだけではなく全人類に、神と今まで考えられなかったほど素晴らしい関係に生きる可能性を与えてくださいました。その意味で、イエスの時から、人間は愛によって神と結ばれて、神と親しい交わりに生きる、新しい時代が始まったわけです。

天地万物を治められる神よ、
あなたの民の祈りをいつくしみをもって聞き入れ、
世界に平和への道を示してください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、
支配しておられる御子、
わたしたちの主
イエス・キリストによって。アーメン。

主の洗礼C年 (ルカ3,15-16.21-22) 

「民衆が皆洗礼を受け、イエスも洗礼を受けて祈っておられると、天が開け、聖霊が鳩のように目に見える姿でイエスの上に降って来た。すると、『あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者』という声が、天から聞こえた。」ルカ3,21-22

迷った羊が、自分の力だけでは羊飼いのもとにもどることができないように、罪を犯すことによって、つまり創造主である神が定めた道と違う道を歩むことによって、神から離れた人は、自分の力だけでは神のもとに戻ることができません。幸いに良い羊飼いが迷った羊を探しに出かけ、見つけてから群れに連れ戻すように、父である神は御ひとり子イエスにおいて私たちのところに来て、私たちを自分のもとに導いてくださいます。罪を犯したことのないイエスは、洗礼者ヨハネの周りに集まっていた罪人の真ん中に入って、彼らと同じ洗礼、つまり回心と償いの儀式である水の洗礼を受けることによって、このような神の救いの望みと救いのわざを現してくださるのです。

水の洗礼を受けた後に祈っていたイエスに向かって、「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」という言葉を語ることによって、神は救いというのがどういうものであるかということを、私たちに教えてくださいました。創造主である神が、すべての人のために求めておられる救いというのは、皆が罪を離れて神のもとに戻り、正しく生きるということだけではなく、皆がイエスのように、神の心に適う神の子どもになるということなのです。神の子どもであることは、誰も理解も想像もできないほど偉大な神秘でありますが、言葉で表現してみれば、それは神の命と神性、神の愛と至福に参与するということになります。

聖霊による洗礼を受けて、神の子どもになった私たちは、長子であり、私たちのお兄さんであるイエスのように、父である神が示してくださる道を歩み、神の子どもらしく生きることによって、ますますイエスご自身のように神の心に適う者となりますように祈りましょう。

全能永遠の神よ、
ヨルダン川で洗礼を受けられたイエスにあなたは聖霊を注ぎ、
愛する子であることを示してくださいました。
洗礼によって新たに生まれ、
あなたの子どもとされたわたしたちが、
いつもみ心に従うことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

降誕節土曜日(主の公現後) (ヨハ3,22-30)

「ヨハネは答えて言った。「天から与えられなければ、人は何も受けることができない。わたしは、『自分はメシアではない』と言い、『自分はあの方の前に遣わされた者だ』と言ったが、そのことについては、あなたたち自身が証ししてくれる。」ヨハ3,27-28

洗礼者聖ヨハネは神から与えられた使命を、威張るためとか、自分を高めるためや他の利益のために用いなかったからこそ、この使命を全うすることができましたし、神ご自身に生かされ、高められもしたのです。

私たちは、洗礼者聖ヨハネに倣って、父である神を信頼し、与えられた能力や使命に伴う権威を自分の利益のために用いることなく、自分のことを神にゆだねながら、あらゆる力を神の望みに従って発揮し、使命を忠実に果たすことができますように祈りましょう。

永遠の父よ、あなたは、
ひとり子の誕生によって
わたしたちを新しい人としてくださいます。
キリストと結ばれたわたしたちが、
神の子どもとして生きることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

降誕節金曜日(主の公現後) (ルカ5,12-16)

「イエスがある町におられたとき、そこに、全身重い皮膚病にかかった人がいた。この人はイエスを見てひれ伏し、『主よ、御心ならば、わたしを清くすることがおできになります』と願った。イエスが手を差し伸べてその人に触れ、『よろしい。清くなれ』と言われると、たちまち重い皮膚病は去った。」ルカ5,12-13

イスラエルで、汚れた者として定められた重い皮膚病を患っていた人に触れることは、禁じられていました。なぜなら、汚れた人に触れる人が、自らもまた汚れた者になると思われたからです。けれども、イエスは汚れた人に触れても、ご自分が汚れた者にならなかったばかりか、汚れた人を清めすらしたのです。

私たちは、自分が犯した罪によってどれほど汚れていても、信仰を持ってイエスに近づき、イエスに触れていただくことによって、私たちのすべての汚れが清められますように祈りましょう。

全能の神よ、あなたは、
皇の導きによって救い主の誕生をあらわしてくださいました。
わたしたちの心に光を注ぎ、
信仰の道を歩ませてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。