年間第13主日B年 (マコ5,21-43)

「神が死を造られたわけではなく、命あるものの滅びを喜ばれるわけでもない。生かすためにこそ神は万物をお造りになった。世にある造られた物は価値がある。」知1,13-14

神が人間を創造されたのは、人間とご自分の命を分かち合うためなのです。言い換えれば、神の命にあずかることが人生の目的であって、人間にとって最高の幸福の状態なのです。

残念ながら、昔も今も多くの人は神のことを、自分と何の関係もない存在や、自分の幸福を妨げるもの、また、自分の不幸の原因として考えて、神を全く無視するか、神を恐れたり憎んだりして、なるべく神と関わらないようにしています。

多くの人が神について以上のように考えても、また、神に対してそのような態度をとっても、幸いにも、神はご自分の最初の望み、人間の創造の理由であったこの望みを捨てることなく、一人ひとりをご自分のもとに導くように、そしてご自分の命にあずからせるように絶えず働いておられます。神の子であるイエス・キリストの言葉と行いが、このような神の働きの最も重要で、決定的な部分なのです。

人間になった神の子は、人間に分かりやすい方法で、神が人間の一番力強い味方であるということと、神こそが、人間のために豊かで、充実した生活を求める方であるということを示し、神だけが人間をありとあらゆる苦しみや危険から救い、永遠に続く幸福を与えることのできる方であるということを、示してくださったのです。

イエスの証しを信じて、神のもとに集まって、神の命にあずかるようになった私たちは、イエスの働きを続ける使命を与えられています。私たちは、命の源である神の愛を感謝しながら、この愛に忠実に生き、死ではなく命をもたらすことによって、与えられた使命を果たすことができますように祈りましょう。

いつくしみ深い父よ、
あなたはわたしたちを選び、光の子としてくださいました。
わたしたちが罪のやみに迷うことなく、
いつも真理の光のうちに歩むことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第12週

24日(日) 洗礼者聖ヨハネの誕生(祭)

25日(月) 年間第12月曜日

26日(火) 年間第12火曜日

27日(水) 年間第12水曜日

(聖チリロ - アレキサンドリア – 司教教会博士)

28日(木) 聖イレネオ司教殉教者(記)

29日(金) 聖ペトロ 聖パウロ使徒(祭)、仙台教区司教座教会献堂記念日

30日(土) 年間第12土曜日

(ローマの教会最初の殉教者たち)、

(聖母の土曜日)

年間第11週

17日(日) 年間第11主日

18日(月) 年間第11月曜日

19日(火) 年間第11火曜日

(聖ロムアルド修道院長 )

20日(水) 年間第11水曜日

21日(木) 聖アロイジオ・ゴンザガ修道者(記)

22日(金) 年間第11金曜日

(聖パウリノ – ノラ – 司教)、(聖ヨハネ・フィッシャー司教)、(聖トマス・モア殉教者)

23日(土) 年間第11土曜日

(聖母の土曜日)

年間第11主日B年 (マコ4,26-34)

 「イエスは言われた。『神の国は次のようなものである。人が土に種を蒔いて、夜昼、寝起きしているうちに、種は芽を出して成長するが、どうしてそうなるのか、その人は知らない。土はひとりでに実を結ばせるのであり、まず茎、次に穂、そしてその穂には豊かな実ができる。』」マコ4,26-28

旧約聖書の時代に、主なる神はイスラエル人に約束を与えることによって、目指すべき目的を表して彼らを励まし、力付け、この目的に向かって導いてくださったように、イエス・キリストも私たちに約束を与えることによって、私たちを希望と喜びで満たし、力付け、導いてくださるのです。

イエスが私たちに与えてくださった様々な約束の中で、中心的な約束とは、神の国の実現という約束です。イエスは、ご自分の言葉と行いによって神の国の素晴らしさを表してくださいましたが、聖ヨハネは黙示録の中で、神の国を次のように描いています。「見よ、神の幕屋が人の間にあって、神が人と共に住み、人は神の民となる。神は自ら人と共にいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない」(黙21,3-4)。また、聖パウロは神の国について次のように語ります。「すべてが御子に服従するとき、御子自身も、すべてをご自分に服従させてくださった方に服従されます。神がすべてにおいてすべてとなられるためです」(1コリ15,28)。

言うまでもなく愛の完成による神の国の実現は、人間にとって最高の幸福の状態、しかも、永遠に続く状態なのですが、憎しみや無関心、不正や争い、また他の悪や苦しみに満たされている世界、しかもますます悪化している世界の現状を見ると、この世界は本当に神の国に向かっているのかと疑っても不思議ではありません。それよりも、世界は自己破滅の道を歩んでいて、全滅に向かっていることを信じる方が簡単かもしれません。

イエスが教えてくださるように神の国は、世界の歴史の流れの自然な結果ではなく、神の働きの結果なのです。創造主であり全能の方である神は、いつでも、人間が最も相応しくないと思う瞬間にも、神の国を完成することができます。そういう意味で、世界の未来を表しているのは、現在の世界の状況ではなく、イエスの約束の方なのです。

イエスの約束がもたらす希望と喜びに満たされて、神の国を目指して生きることによって、神の国についての良い知らせを、宣べ伝えることができますように祈りましょう。

あなたに望みをおく者の力である神よ、
わたしたちの祈りに耳を傾け、
あなたから離れては
何もできないわたしたちを恵みの力で強めてください。
わたしたちがあなたのことばを守り、
心も行いもみ旨にかなうものとなりますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

聖母のみ心 (ルカ2,41-51)

「イエスは言われた。『どうしてわたしを捜したのですか。わたしが自分の父の家にいるのは当たり前だということを、知らなかったのですか。』しかし、両親にはイエスの言葉の意味が分からなかった。それから、イエスは一緒に下って行き、ナザレに帰り、両親に仕えてお暮らしになった。母はこれらのことをすべて心に納めていた。」ルカ2,49-51

イエスのお母さんマリアは、思いがけない出来事を体験したときや、分からない言葉を聞いたときに、それを理解しようとしていますが、理解できない場合には、それを心に納めていました。「心に納めていた」というのは、必要なときにこの出来事や言葉の意味が分かってくるだろうとか、自分にははっきりとは神の働きが見えなくても、父である神がご自分の意志に適わない出来事においても必ず働いてくださっているので、心を開いて、この働きや自分のための導きである神の言葉を受け入れるだけで充分であるという確信を、持っていたということであったでしょう。

私たちは、聖母マリアに倣って、父である神の働きがはっきりと見えても、見えなくても、この働きの意義が分かっても、分からなくても、神の知恵と力を信頼して、できる限り協力しながら、結果を神にゆだねることができますように祈りましょう。

いつくしみ深い父よ、
あなたは聖母のみ心を、
聖霊のふさわしい住まいとしてくださいました。
聖マリアの取り次ぎを求めるわたしたちも、
聖霊の神殿となることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

年間第10主日B年 (マコ3,20-35)

「はっきり言っておく。人の子らが犯す罪やどんな冒涜の言葉も、すべて赦される。しかし、聖霊を冒涜する者は永遠に赦されず、永遠に罪の責めを負う。」マコ3,28-29

この地上は、善と悪の争いの舞台であると言えると思います。また、この争いは、霊的な善と霊的な悪の争いの現れであるとさえ言えるかもしれません。各々の戦いにおいて悪が勝ったり、善が勝ったりすることがありますが、最終的な勝利者はすでに決まっています。この勝利者とは、人格的な善そのものであり、堕落して悪霊となった天使を含めて、存在しているすべてのものの創造主である、神なのです。

イエス・キリストは、人格的な悪である悪霊に取りつかれていた人を、一言だけで解放する力を持っていました。イエスに対して敵意を持っていた人たちでさえ、イエスがベルゼブルの力や悪霊の頭の力を以て悪霊を追い出していると訴えることによって、イエスが悪霊を追い出す力を持っておられたという事実を認めていました。イエスは、このようなご自分の働きを説明して、次のように語ります。「わたしが神の指で悪霊を追い出しているのであれば、神の国はあなたたちのところに来ているのだ」(ルカ11,20)。要するに、ご自分が神ご自身の力、言い換えれば、聖霊の力を以て、悪霊を追い出しているということと、この働きは神の国の到来、つまり神ご自身の最終的な勝利を表すしるしであるということです。

人間は自由意志を持っていますので、善を行うことも、悪を行うことも選ぶことができます。そのような選択によって人間は、そんなつもりがなくても、実際に自分の仲間を選んでいるのです。人間は、殆どの場合、自分の無知のゆえに騙されて、悪を行うことによって自分の心を悪霊に対して開き、だんだんと悪霊の支配下に入り、悪霊の虜になっていくのです。

幸いに神は、誰一人と言えども諦めたりしませんので、人が回心して、神のもとに戻るよう常に働いてくださいます。ですから、悪霊の虜となったこの人が自分の過ちに気が付いて、神のゆるしを求めるならば、必ず神に受け入れられるということを、イエス・キリストが約束してくださったわけです。

けれども、人の罪や過ちを示してくださる聖霊の働きに応じることなく、頑なな心を持って、自分の罪や過ちの結果である現状に留まるならば、この人の罪がゆるされることはなく、命と愛、またその他のすべての良いものの源である神から、永遠に離れることになるということも、イエスが教え警告してくださっているのです。

 

イエスのみ心の祭日B年 (ヨハ19,31-37)

 「兵士の一人が槍でイエスのわき腹を刺した。すると、すぐ血と水とが流れ出た。」ヨハ19,34

「そのとき、イエスはこう言われた。『天地の主である父よ、あなたをほめたたえます。これらのことを知恵ある者や賢い者には隠して、幼子のような者にお示しになりました。そうです、父よ、これは御心に適うことでした。』」マタ11,25-26

イエスのみ心の祭日を祝う私たちは、私たちと同じように有限の存在であったイエス・キリストが、人間の心で愛することによって、無限の存在である神の愛を現してくださったことを思い起こし、感謝します。

私たちは、イエス・キリストをますます深く知ることによって、父である神の愛を知ることができますように。そしてこの愛をますます豊かに受け入れ、イエスと同じように神の愛に生きることによって、この愛をまだ知らない人に示すことができますように祈りましょう。

聖なる父よ、あなたは、
人類の罪のために刺し貫かれた御子のみ心のうちに、
限りないいつくしみの泉を開いてくださいました。
わたしたちが、
心からの奉献によってキリストの愛にこたえることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。