年間第7主日C年 (ルカ6,27-38)

「しかし、あなたがたは敵を愛しなさい。人に善いことをし、何も当てにしないで貸しなさい。そうすれば、たくさんの報いがあり、いと高き方の子となる。いと高き方は、恩を知らない者にも悪人にも、情け深いからである。」ルカ6,35

誰かを愛するとは、その人のことを好きだと感じることだと思う人にとって、敵を愛することは不可能であるだけではなく、ご自分の弟子たちに敵を愛することを要求しておられるイエスは、非現実的な人間、世間をまったく知らない人間に見えるかもしれません。

しかし、イエスが言っている愛とは、感情のことではなく、行いのことなのです。誰かを愛するとは、その人を好きだと感じることではなく、その人のために善を行う、しかも、無条件に善を行おうと決心することなのです。

もし、誰かが自分に対して善を行う人のために善を行い、自分に対して悪を行う人のために悪を行うならば、この人は、イエスが言われているような意味では誰をも愛していない、ただ、自分を中心にして、自分の利益を基準にして、周りの人々に振り回されているだけなのです。

キリストの弟子として生きるとは、イエス・キリストに倣って、愛を基準にして生きること、つまり自分に対して善を行う人のためにも、悪を行う人のためにも、善を行うということなのです。しかし、善を行うとは、誰にとっても優しい態度をとったり、何でも許したりすることではなく、必要に応じて、相手の怒りや妬みを招くことになっても、イエスのように、相手の過ちを示したり、その他の正当な手段を以て悪事を止めさせたりすることなのです。

人がこのように愛に生き、すべての人のために真の善を行っても、すべての人に尊敬されるとか、ましてやすべての人から恩返しを受けるということはまずないでしょう。それよりも、多くの人に憎まれ、苛められる可能性の方が高いです。けれども、この人は、このような悪事さえも生かして、必ず人間として成長し、イエス・キリストご自身と同じように神の心に適う神の子になります。そして、その人はいつくしみ深い父である神ご自身の愛を示すことによって、多くの人々を神のもとに引き寄せることもできるでしょう。

全能永遠の神よ、
わたしたちがいつも聖霊の光を求め、
ことばと行いをもって
み旨を果たすことができるように導いてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、
支配しておられる御子、
わたしたちの主
イエス・キリストによって。アーメン。

 

年間第2主日C年  (ヨハ2,1-11)

「母(マリア)は召し使いたちに、『この人が何か言いつけたら、そのとおりにしてください』と言った。」ヨハ2,5

愛の契約を結ぶことによってイスラエルは神の民となって、神はイスラエルの神となりました。そのときから、イスラエルと神の関係は、花嫁と花婿の関係に譬えられて、婚礼は、神とイスラエルが結ばれた契約の象徴となったのです。

残念ながら、イスラエルは神と結んだ契約に忠実ではありませんでした。神の愛を裏切ったイスラエルについて預言者ホセアは、「この国は主から離れ、淫行にふけっている」(ホセ1,2)と語ります。また、イエスは、「この民は口先ではわたしを敬うが、その心はわたしから遠く離れている」(マタ15,7-9)という言葉をもってこの状況を表しました。カナの婚礼の時にぶどう酒がなくなったために、結婚したばかりの新郎と新婦の関係は大きな危険に直面したのです。ぶどう酒がなくなったことと、その結果として生じた危機は、イスラエルが神を愛せなくなったがゆえに、イスラエルと神の関係が、完全な破壊に向かっていることを、象徴的に表しているのです。

イエスが、皆が今まで飲んだぶどう酒よりも美味しいぶどう酒、しかもそれを溢れるほど供給した場面を見た弟子たちは、そのしるしの意味をよく理解して、イエスの使命がはっきりと分かりました。要するに、イエスが約束されたメシアであり、イスラエルと神との関係に新しい命を吹き込むことによって、神との関係を回復させるために来られた方であるということです。

イエスは、カナの婚礼での最初のしるしによって表した通りに、ご自分の血を流すことによって新しい契約を結び、イスラエルだけではなく全人類に、神と今まで考えられなかったほど素晴らしい関係に生きる可能性を与えてくださいました。その意味で、イエスの時から、人間は愛によって神と結ばれて、神と親しい交わりに生きる、新しい時代が始まったわけです。

天地万物を治められる神よ、
あなたの民の祈りをいつくしみをもって聞き入れ、
世界に平和への道を示してください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、
支配しておられる御子、
わたしたちの主
イエス・キリストによって。アーメン。

降誕節水曜日(主の公現後) (マコ6,45-52)

「皆はイエスを見ておびえたのである。しかし、イエスはすぐ彼らと話し始めて、『安心しなさい。わたしだ。恐れることはない』と言われた。 イエスが舟に乗り込まれると、風は静まり、弟子たちは心の中で非常に驚いた。」マコ6,50-51

イエス・キリストのことを、優れた人間であると思っても、ただの人間でしかないと考えている人は、イエスの教えや行いで驚いたり、感動したりしても、この人の人生において、あまり大きな変化が起こらないでしょうし、イエスによって生かされることもないでしょう。

ますます多くの人々が、イエス・キリストにおいて、この宇宙万物を創造してくださった神ご自身が私たちの間に入ってくださったことを認め、イエスの姿が見えなくても、イエスと共に生き、イエスを信頼することができますように。そして、あらゆる恐れから解放されて、イエスと同じように愛に生きることによって、豊かな人生を送りながら、永遠の命に向かって歩むことができますように祈りましょう。

すべての人を照らしてくださる神よ、
あなたの民にゆるぎない平和を与え、
キリストを待ち望む人に注がれた光を
わたしたちの心にも満たしてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。