8月11日-8月17日(33週)

11日(日)年間第19主日

12日(月)年間第19月曜日

(聖ヨハンナ・フランシスカ・ド・シャンタル修道女)

13日(火)年間第19火曜日

(聖ポンチアノ教皇 聖ヒッポリト司祭殉教者)

14日(水)聖マキシミリアノ・マリア・コルベ司祭殉教者 (記)

15日(木)聖母の被昇天(祭)

16日(金)年間第19金曜日

(聖ステファノ ( ハンガリー) )

17日(土)年間第19土曜日

(聖母の土曜日)

年間第19主日C年 (ルカ12,32-48) 

「あなたがたの富のあるところに、あなたがたの心もあるのだ。」ルカ12,34

自分の富とは何か、つまり自分が何を一番大切にしているかと問われたら、いろいろな答え、もしかして、尋ねる人によって、また、場所や状況によって異なる答えを出すことでしょう。けれども、自分にとって本当に何が大事であるかということを知るためには、頭で考えるよりも、自分が実際に何のために、また、誰のために一番長い時間とか、一番大きなエネルギーとか、一番沢山のお金などをかけているかということを、見る必要があると思います。

昔の人や現代の多くの人にとって最も大切なのは、実はイエス・キリストとの関係なのです。けれども、誰かがイエスとの関係を一番大切にするからと言って、他の人との関係を軽んじるということではありません。イエス・キリストとの真の愛の交わりの内に生きている人は、イエス・キリストご自身と同じように、自分に対しても他の人に対しても、また、仕事や他のものに対しても、正しい態度をとることができます。言い換えれば、イエスとの関係が自分の最も大切な富になれば、他のあらゆる関係が癒されて、自然に正しくなるのです。

おそらく、自分の生き方を正直に見つめれば、大部分のキリスト者が自分たちにとって、イエス・キリストよりも大切なものがまだまだ沢山あるということに気が付くことでしょう。それを見ると、もしかしてキリスト者とは、イエス・キリストを誰よりも強く愛し、イエスとの関係を自分の命を含めて何よりも大切にしている人ではなく、むしろイエス・キリストを誰よりも強く愛したい、イエスとの関係を何よりも大切にしたいと求めている人なのではないかと思わせられるのです。

その望み自体は、大きな恵みです。もし、私たちがこの望みに従って生きるならば、つまり、聖書の読書を初めとして、与えられた機会を用いてイエスをもっと深く知るように努めることによって、また、イエスに対する愛がまだ小さくてもそれにできるだけ忠実に生き、それを実践することによって、それから、個人的な祈り、キリスト教の共同体の生活に肯定的に参加し、他のキリスト者と交わり、共に祈ることによってイエスとの交わりを深めようとするならば、イエス・キリストご自身が、私たちとの関係を完成してくださるに違いないと、私たち日リスト者は信じています。

さて、私たちはイエス・キリストとの交わりの完成を目指して、イエスから与えられた使命を果たし、イエスに最後まで従うことができますように祈りましょう。

全能永遠の神よ、
わたしたちは、
聖霊によってあなたの子どもとしていただきました。
あなたを父と呼ぶわたしたちを、
約束された永遠のいのちに導いてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

8月4日-8月10日(32週)

4日(日)年間第18主日

5日(月)年間第18月曜日

   (聖マリア教会の献堂)

6日(火)主の変容(祝)

7日(水)年間第18水曜日

   ( 聖シスト2世教皇と同志殉教者)、(聖カエタノ司祭 )

8日(木)聖ドミニコ司祭(記)

9日(金)年間第18金曜日

  (聖テレサ・ベネディクタ - 十字架の - おとめ殉教者 - エディット・シュタイン)

10日(土)聖ラウレンチオ助祭殉教者(祝)

 

 

7月28日-8月3日(31週)

28日(日)年間第17主日

29日(月)聖マルタ(記)

30日(火)年間第17火曜日

  (聖ペトロ・クリソロゴ司教教会博士)

31日(水)聖イグナチオ(ロヨラ)司祭 (記)

1日(木)聖アルフォンソ(リゴリ)司教教会博士(記)

2日(金)年間第17金曜日

 (聖エウセビオ -ベルチェリ- 司教)、
 (聖ペトロ・ユリアノ・エイマール司祭)

3日(土)年間第17土曜日

 (聖母の土曜日)

7月21日-7月27日(30週)

21日(日)年間第16主日

22日(月)聖マリア - マグダラ(祝)

23日(火)年間第16火曜日

  (聖ビルジッタ修道女)

24日(水)年間第16水曜日

  (聖シャーベル・マクルーフ司祭 )

25日(木)聖ヤコブ使徒(祝)

26日(金)聖マリアの両親 聖ヨアキムと聖アンナ(記)

27日(土)年間第16土曜日

  (聖母の土曜日)

年間第14主日C年 (ルカ10,1-9)

「主はほかに七十二人を任命し、ご自分が行くつもりのすべての町や村に二人ずつ先に遣わされた。」ルカ10,1

父である神は、すべての人々を愛しておられるがゆえに、すべての人の救い、すなわち、すべての人々が愛をもって神の愛に応えて、神との愛の交わりの内に永遠に生きることを、求めておられます。この望みを実現するために、御ひとり子をこの世に遣わしてくださいましたが、その前に、ご自分のわざと預言者たちの活動を通して、救い主の到来を準備してくださったのです。

イエス・キリストは、このような神の働きに倣って、ご自分が行く予定のところに、ご自分の弟子を遣わして、救い主と出会うために最終的な準備をさせました。その際、イエスは弟子たちの働きの主な内容を教えてくださいました。それは、遣わされた先の人々のために平和を願うこと、その所の病人を癒すこと、「神の国が近づいた」と宣べ伝えることでした。

真の平和とは、すべての人々が心の奥深いところで求めている完全な幸福ですので、人のために平和を願うとは、実際にこの人のために最高の幸福を求めることなのです。病人を癒すことは、隣人への愛の実践の一つの例です。そして、「神の国」つまり「神の支配」を受け入れることは、神の愛の交わりへの招きを受け入れることです。

人間は、神や他の人との正しい関係に生きるとき、つまり神や他の人と愛の絆によって結ばれているときだけ、真の幸せを味わうことができますので、「病人を癒す」ことと、「神の国を宣べ伝える」ことは、真の平和への道を示すことであり、真の平和を実現することなのです。

確かに、神と隣人への愛に生きることは、時に、難しいか、時に、まったく不可能に見えることもあるでしょうが、イエス・キリストがご自分の死と復活によって、神と隣人への愛に生きることだけではなく、敵に対する愛に生きることさえ可能にしてくださったのです。

洗礼を受けて、イエスの弟子となった私たちも、七十二人の弟子と同じように、すべての人々のために平和を願って、愛に生きることによってそれを実現するように呼ばれています。私たちはイエス・キリストが与えてくださる愛の力によってこの使命を果たしながら、イエスとの交わりを深めることができますように。そして、愛に生き、平和を実現する人々がますます増えますように祈りましょう。

聖なる父よ、
あなたは、倒れていた世界を、
キリストの死によって
新しいいのちに立ち直らせてくださいました。
信じる者を罪の束縛から解放し、
終わりのない喜びにあずからせてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

 

3月30日-7月6日(27週)

30日(日)年間第13主日

1日(月)福者ペトロ岐部司祭と187殉教者(記)

2日(火)年間第13火曜日

3日(水)聖トマ使徒(祝)

4日(木)年間第13木曜日

   (聖エリザベト -ポルトガル)

5日(金)年間第13金曜日

(聖アントニオ・マリア・ザカリア司祭)

6日(土)年間第13土曜日

     (聖マリア・ゴレッティおとめ殉教者、聖母の土曜日)