復活節第5主日A年 (ヨハ14,1-12)

「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。」ヨハ14,1

おそらく、私たちは自分の心の奥深いところを正直に見つめることができるならば、そこにはいろいろな恐れ、不安、悩み、わずらいなどのようなものを見出すのではないかと思います。その内には、私たちが過去に行った悪や、現在の私たちの悪いところがもたらす恐れや悩みがあり、また、未来に体験するかもしれない損害、病気や他の苦しみ、あるいは、必ず訪れてくる死に対する不安やわずらいもあるはずです。

そのような恐れ、不安、悩みやわずらいは、大きな苦しみですので、それを無くしたいと望むこと、また、実際にそれを無くするためにいろいろと試みるのは、当然です。けれども、その試みが一時的に成功したとしても、この恐れ、不安、悩み、わずらいは、必ず舞い戻ってくるだけではなく、大きくなることさえもあるのではないでしょうか。

そんな現実に生きている私たちのところにイエス・キリストが来て、「心を騒がせるな」と呼びかけて、私たちをこのような苦しみから解放することを約束してくださいます。そして、この約束を実現するために、イエスは私たちにご自分の愛を与えてくださるのです。

イエスは、誰よりも私たちが過去に行った悪や現在の私たちの悪いところ、それから、未来に行う悪を知っておられるにも関わらず、誰よりも私たちを強く愛しています。私たちのためにご自分の命を与えるほど愛しています。イエスの復活を思い出すと、イエスの愛は、私たちの罪、私たちの中にある悪よりも強いものであるだけではなく、死よりも強いものであるということも分かります。ですから、イエスの愛を受け入れ、それを自分の最も大切な宝物にするならば、私たちは、あらゆる恐れ、不安、悩み、わずらいから解放されます。そして、イエスご自身と同じように、自分の心の最も深い望みに従って、愛に生きることができるようになるのです。

聖なる父よ、
あなたは、キリストによってわたしたちをあがない、
神の子どもとしてくださいます。
あなたの愛を受けた民を顧み、
御子を信じる人々に、
まことの自由と永遠の喜びをお与えください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。