復活の火曜日 (ヨハ20,11-18)

「イエスは言われた。『わたしにすがりつくのはよしなさい。まだ父のもとへ上っていないのだから。わたしの兄弟たちのところへ行って、こう言いなさい。「わたしの父であり、あなたがたの父である方、また、わたしの神であり、あなたがたの神である方のところへわたしは上る」と。』」ヨハ20,17

イエスとの関係は、いくら素晴らしいものであっても、さらにそれ以上に素晴らしくすることのできるものです。今までのイエスとの関係だけで十分だと思っても、それに執着することなく、この関係が発展するために、それをいつでも手放す覚悟をもつ必要があります。

私たちはイエスを信頼して、指し示された道を歩み、与えられている使命を果たしながら、今までいただいた恵みに忠実に生きることによって、いろいろな思い込み、想像や期待から解放されて、ますます深まるイエスとの交わりの恵みを受け入れることができますように祈りましょう。

聖なる父よ、
あなたは、御独り子の復活によって、
わたしたちに救いをもたらしてくださいました。
あなたの民にいつも恵みを注ぎ、
神の子の自由と喜びのうちに歩ませてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。