四旬節第1主日A年 (マタ 4,1-11)

「すると、イエスは言われた。『退け、サタン。「あなたの神である主を拝み、ただ主に仕えよ」と書いてある。』そこで、悪魔は離れ去った。すると、天使たちが来てイエスに仕えた。」マタ4,10-11

神に象って、神の似姿として創造された人間は、自由意志を持っていても、自ら何が善であるか、何が悪であるかということがはっきりとは分かりません。ですから、正しい選択をすることによって人生の最終的な目的に近づくために、つまり愛による神との完全な一致に向かって歩むために、正しい道、正しい生き方を教えてくださる案内者を必要としているのです。

ご自分の命にあずかるために、また、愛によって結ばれて、ご自分と一つになるために人間を創造してくださった、神の言葉を信頼しているとき人間は、自分をこの目的に導く道を知ることができるだけではなく、この道を歩むために必要な力も与えられて、人生の最終的な目的に向かって歩むことができます。

けれども、神を信頼する代わりに、自分と同じように無知な人を信頼したり、「嘘の父」で、人間を憎んでいる悪魔を信頼したりするとき、目指している目的に近づくことができないだけではなく、この目的から段々と遠ざかるし、自分の人生の旅は絶望的なものになってしまうのです。

私たちは、イエスと同じように、どんな状況においても父である神を信頼して、神との愛の交わりの内に生き、御言葉に従うことによって、私たちを惑わそうとしているいろいろな誘惑に打ち勝ち、主イエスと共に神の国に向かって、つまり愛による神との完全な一致に向かって、力強く歩むことができますように祈りましょう。

全能の神よ、 
年ごとに行なわれる受難節の典礼を通して、 
わたしたちに、
キリストの死と復活の神秘を深く悟らせてください。 
日々、キリストのいのちに生きることができますように。 
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって祈ります。アーメン。