年間第2土曜日 (マコ3,20-21)

「イエスが家に帰られると、群衆がまた集まって来て、一同は食事をする暇もないほどであった。身内の人たちはイエスのことを聞いて取り押さえに来た。『あの男は気が変になっている』と言われていたからである。」マコ3,20-21

ある考え方や生き方が間違っていて、人に害を与えるものであっても、殆ど皆がこのように考え、このように生きているならば、それが普通と思われて、それと違うものは、普通ではない、変だと思われることでしょう。けれども、「気が変になっている」と言われても、創造主である神の望みに適って生きたイエス・キリストこそが、正常そのもので、健全で人間らしい生き方をしていたのです。

私たちは、どのように思われ、どのように言われ、どのようにされても、周りの人々の考え方や生き方に合わせるのではなく、イエス・キリストに倣って生きることができるように祈りながら、殉教者が持っていたような、大きな愛から生じる勇気の恵みを願い求めましょう。