年間第1月曜日 (マコ1,14-20)

「ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤへ行き、神の福音を宣べ伝えて、『時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい』と言われた。」マコ1,14

「神の国は近づいた」とは、神の子であるイエス・キリストの到来とともに、神の愛と神の命にあずかる可能性、つまり、人間の創造の目的であり最高の幸福の状態である、神との愛の交わりに生きる可能性が近づいたということなのです。

ご自分の死と復活によって神の国を実現してくださったイエスに感謝しながら、イエスを受け入れることによって、神の愛と命を受け入れ、まだまだ罪と悪に満ちた世界に留まりながらも、イエスと共に生きることによって、神との愛の交わりに生き、神の国を証しすることができますように祈りましょう。

恵み豊かな神よ、
あなたを仰ぎ見る民の、心からの願いを顧みてください。
わたしたちが何をなすべきかを知り、
果たすべき使命を全うすることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。