年間第34水曜日 (ルカ21,12-19)

「しかし、これらのことがすべて起こる前に、人々はあなたがたに手を下して迫害し、会堂や牢に引き渡し、わたしの名のために王や総督の前に引っ張って行く。それはあなたがたにとって証しをする機会となる。」ルカ21,12-13

迫害や他の不正、裏切られることや憎まれることは、決して望ましいことではありませんが、イエス・キリストが教えてくださる通り、それらの悪は、私たちに絶対的な害を与えること、つまり私たちをキリストから引き離して、私たちから永遠の命を奪い取ることはできません。それだけではなく、私たちがそれをキリストを証しする機会として、つまりイエスから与えられた使命を果たす機会として用いることによって、イエスとの愛の絆を強めることができるのです。

私たちはイエス・キリストと同じように、苦しみや死に対して恐れを感じても、それに左右されることなく、望ましくない苦しみの中にあっても、聖霊の導きを見出し、それに従うことができますように祈りましょう。

恵み豊かな神よ、
あなたを仰ぎ見る民の、心からの願いを顧みてください。
わたしたちが何をなすべきかを知り、
果たすべき使命を全うすることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

コメントを残す