年間第34火曜日 (ルカ21,5-11)

「ある人たちが、神殿が見事な石と奉納物で飾られていることを話していると、イエスは言われた。『あなたがたはこれらの物に見とれているが、一つの石も崩されずに他の石の上に残ることのない日が来る。』」ルカ21,5

私たちが見ることのできる世界と、その中のすべての物質的なものは有限なもので、必ず過ぎ去ります。もしかして、そのようなものしか存在していないと思う人、つまりそれがすべてであると思う人は、世の終わりまで、それを自分のものにするために争い続けるのかもしれません。

この世の暗闇の中に生きていても、ますます多くの人が神の言葉に照らされて、キリストの愛という無限の価値のある宝を発見して、この宝に忠実に生き、それを他の人と分かち合うことによって、共に力を合わせて永遠の命に向かって歩むことができますように祈りましょう。

万物を治められる神よ、
世界の歩みを力強く導いてください。
現代に生きる教会が人々に仕え、
平和のために尽くすことができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

コメントを残す