年間第33土曜日 (ルカ20,27-40)

「イエスは言われた。『この世の子らはめとったり嫁いだりするが、次の世に入って死者の中から復活するのにふさわしいとされた人々は、めとることも嫁ぐこともない。この人たちは、もはや死ぬことがない。天使に等しい者であり、復活にあずかる者として、神の子だからである。』」ルカ20,34-36

結婚誓約によって結ばれた男女は、相互の愛に生き、愛を育てることと、命を伝えること、さらにこの命を支えることによって、創造のわざに協力する使命を創造主である神から与えられました。創造が完成されて、神の国に受け入れられた人たちは、神ご自身の愛と命にあずかり、皆が一つとなるほど完全な愛に結ばれますので、この世においてどうしても必要な結婚制度は、神の国ではもはや必要がなくなるわけです。

結婚生活をしている人々は、神の賜物である愛と命にいつも開かれた態度を保って、この賜物に忠実に生きることによって、与えられた使命を果たし、神の国に入ることができますように祈りましょう。

諸国民の父である神よ、
ベトナムの百十七殉教者は、
自らの血によって御子の十字架に
最後まで従う信仰をあかししました。
殉教者の取り次ぎを祈るわたしたちも
神の愛を隣人に伝え、
神の子どもとして成長することができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。
すべてを治められる神よ、
みことばを宣教し、教会を導くために、
あなたは聖アンデレを選び、使徒とされました。
聖人の殉教を記念して祈るわたしたちに、
あなたの国のあかしとなる恵みをお与えください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。
全能永遠の神よ、
あなたを愛する心をお与えください。
復活の信仰に生きるわたしたちが、人々の中で、
絶えずそのあかしを立てることができますように。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す