年間第33金曜日 (ルカ19,45-48)

「それから、イエスは神殿の境内に入り、そこで商売をしていた人々を追い出し始めて、彼らに言われた。『こう書いてある。「わたしの家は、祈りの家でなければならない。」/ところが、あなたたちはそれを強盗の巣にした。』」ルカ19,45-46

神がご臨在されたエルサレムの神殿は、祭司たちの仲介によって、すべての人々が神を礼拝し、神から必要な恵みをいただく祈りの家となるはずでしたが、祭司たちが自分たちの利益を優先して、神から与えられた使命を裏切ったがゆえに、神殿はこの役割を果たさなくなり、結局、破壊されました。そのとき以降、イエス・キリストは、永遠の神殿であり、唯一の大祭司であるのです。

私たちは、イエス・キリストとの交わりのうちに生きることによって、父である神を礼拝し、神から必要な恵みをいただくことができますように。そしてイエスに忠実に従うことによって、与えられた恵みを他の人に伝えることができますように祈りましょう。

信じる者の力である神よ、 
あなたに呼び求めるわたしたちを顧みてください。 
聖女セシリアの取り次ぎに支えられて、 
ふさわしい賛美の歌をささげることができますように。 
聖霊の交わりの中で、 
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、 
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。
全能の神よ、
わたしたちがいつも聖霊の光を求め、
ことばと行いをもって、
み旨を果たすことができるように導いてください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す