待降節第1金曜日  (マタ9,27-31)

「イエスが家に入ると、盲人たちがそばに寄って来たので、『わたしにできると信じるのか』と言われた。二人は、『はい、主よ』と言った。そこで、イエスが二人の目に触り、『あなたがたの信じているとおりになるように』と言われると、二人は目が見えるようになった。」マタ9,28-30

イエスを信じると言っている人々の中で、皆が本当にイエスを信じているとは限りません。私たちが本当にイエスを信じているかどうかということが分かるためには、語っている言葉ではなく、私たちの生き方や、この生き方が結ぶ実を見る必要があるのです。

私たちは心を開いて、イエスご自身とその働きを受け入れることによって、イエスが歩んだ道を歩み、イエスご自身が生きていたのと同じように生きることができますように祈りましょう。

神よ、力を奮い起こして来てください。
犯した罪のため、苦しみあえぐわたしたちを救い、
解放の恵みをお与えください。
聖霊の交わりの中で、
あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

コメントを残す