7.「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます。」

「既に昼の十二時ごろであった。全地は暗くなり、それが三時まで続いた。太陽は光を失っていた。神殿の垂れ幕が真ん中から裂けた。イエスは大声で叫ばれた。「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます。」こう言って息を引き取られた。百人隊長はこの出来事を見て、「本当に、この人は正しい人だった」と言って、神を賛美した。見物に集まっていた群衆も皆、これらの出来事を見て、胸を打ちながら帰って行った。」ルカ 23:44-48

イエスはご自分の最後の言葉を父である神に語りかけます。再び、神のことを「父」と呼びます。それは、前と同じように神との親しい関係に戻ったということを現します。父である神によって見捨てられたように感じても、実際に神はイエスを一度も離れることなく、いつもそばにいてくださいました。信頼に満ちたイエスはご自分の霊、ご自分の愛と命、ご自分自身のすべてを「愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働く」(ロマ8:28)方のみ手に委ねます。イエスにとって、死は残酷なものでありながらも、滅びではなく、父のもとへの門であり、永遠に続く喜びと平和に満ちた父である神との愛の交わりに戻る道です。

自分の小さな安定を守り、他人を苦しめることによって手に入れたものを保つために、永遠の愛を与えるためにこの世に来られたイエスを殺すということは、人間の愚かさの頂点です。同時に、神の子イエスの殺害は、人間が犯した最も大きな罪です。この罪は、すべての人々の永遠の死、つまり、完全に神から離れ、孤独と絶望の内にいつまでも生きるというような結果を生み出すはずでした。けれども、イエスはすべての人々のために赦しを願った上に、ご自分の霊を父である神のみ手に委ねたことによって、この罪をいけにえに変え、自分の苦しみを愛の奉献に変えてくださいました。それ故に、イエスの死は、人類の神との縁を切るものではなく、逆に人類の神との和解を実現するものになり、聖ペトロが語っている通りにイエスの傷によってわたしたちが癒されました。(1ペト2:24)イエスは自分の愛と忠実によって、呪いと罰のしるしであった十字架を祝福と恵みのしるしに変え、死と憎しみのしるしであった十字架を命と愛のしるしに変えてくださいました。ですから、その十字架においてわたしたちの復活と永遠の命への希望が輝きます。

+++

終わりの祈り

主イエス・キリスト、あなたご自身が体験されたような苦しみの中にも愛することが可能であるということを示してくださったこと、また、父である神の愛の素晴らしさとその力強さを現してくださったことを心から感謝いたします。

主よ、父である神の愛が最も重要な宝物であり、あらゆる悪や苦しみ、または死よりも力強いものであるということが見出せるように、わたしたちの目を開いてください。また、この愛を受けることができるように、わたしたちの心を開いてください。わたしたちを欲望と恐れの支配から解放し、わたしたちはどんな状況においても、父である神の愛に忠実に生き、最後にあなたのようにわたしたちの霊を御父のみ手に委ね、いつまでも父と、父と一致しているすべての人と共に、愛の交わりのうちに生きることができるように、わたしたち一人ひとりを絶えず導いてください。アーメン。

目次へ