6.「成し遂げられた」

「イエスは、このぶどう酒を受けると、「成し遂げられた」と言い、頭を垂れて息を引き取られた。」ヨハ 19:30

「成し遂げられた」という言葉を語ることによって、イエスはご自分の使命を完全に果たしたことを宣言します。最初から最後まで、色々な妨げに逢っても、誘惑を受けたり、迫害されたりしたにも関わらず、イエスは神への愛と忠実を尽くし、受難や十字架上での苦しみの中にも愛し続けてきました。イエスは、何の誘惑にも陥ることがなかったのは、神に対する愛がイエスの最も大事な宝物であり、しかも自分の命よりも大切なものであったからです。他の人と同じようにイエスは苦しみや死を恐れていました。けれども、この恐れはイエスに神の愛から離れることや、神の愛を裏切ることをさせることができませんでした。イエスは抱いていた恐れに左右されず、その奴隷でもありませんでした。なぜなら、イエスは神の愛があらゆる悪、あらゆる苦しみ、死よりも力強いものであると確信を持っていて、この愛にだけ希望をおいていたからです。

すべての人々は、愛によって、または愛のために創造されています。完全な愛以外に、すなわち創造主である神の愛以外に何も人の心の望みを満たすことができません。けれども、非常に多くの場合わたしたちは、自分の欲望の奴隷であり、簡単に色々な誘惑の被害者になってしまい、愛に生きることができません。わたしたちは、苦しみや死に対する恐れの奴隷でもあります。少しばかりの楽しみを得るために、または苦しみから逃避したり、慣れている生き方を守ったりするために、度々愛を裏切ることがあります。

イエスは、わたしたちをそのような奴隷状態から解放したいと望んでおられます。わたしたちをわたしたちの欲望や恐れから解放するためにイエスは神の愛の素晴らしさとその愛の力強さを示してくださいます。もし、イエスとの出会いによって、この愛を体験することができるならば、さらにこの愛がわたしたちの最も大切な宝物になって、この愛があらゆる悪よりも、苦しみと死よりも力強いものであると信じるようになるならば、わたしたちは、イエスのように自由になって、どんな状況においても愛に生きることができるようになります。

目次へ   次へ