4.「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」

「さて、昼の十二時に、全地は暗くなり、それが三時まで続いた。三時ごろ、イエスは大声で叫ばれた。「エリ、エリ、レマ、サバクタニ。」これは、「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。そこに居合わせた人々のうちには、これを聞いて、「この人はエリヤを呼んでいる」と言う者もいた。」マタ27:45-47; マコ 15:33-35

誰かが本当に愛しているならば、どんな状態においても、すなわち、喜びの時も、悲しい時も愛する人と一緒にいたいと望みます。愛する人のそばにとどまることが苦しみになっても、この人を離れません。イエスは、どんな時も父である神と共にいました。同じようにマリアもいつもイエスと共にいました。イエスは、父である神との交わりが特に親しくなっているということを現すために、いつも神のことを「アッバ」つまり「愛する父」と呼びました。けれども、今他の人と同様に「神」という正式的な呼び方を用います。ご自分の喜びであり、ご自分に対して敵意を持った人を含めてすべての人を愛するために必要な力を与えていたこの親しみを感じなくなっています。逆に、父である神が自分を見捨てたように感じます。父である神との親しい交わりが、最も大切な宝物としていたイエスにとって、神から見捨てられたように感じるということは、今まで味わってきたどんな苦しみよりも辛い苦しみになっているはずです。イエスは、大きな叫びによって、この激しい苦しみを現します。

罪を犯すことによって人間は、愛であり、命の与え主である神から離れています。罪の最終的な結果というのは、神のもとに戻れなくなり、神の愛を受け入れなくなるということです。それは、永遠に続き、何の希望もない孤独を意味します。イエスは、わたしたちをこのような罪の最終的な結果から守るために、罪に満ちたわたしたちの現実に入ってくださいました。神によって見捨てられたように感じるということは、イエスがわたしたちの罪の暗闇の最も暗いところ、最も孤独なところにおられるということを意味します。その中にも、神の愛と神の栄光を現し、わたしたちを神のもとに導くためにご自分の手を差し伸べてくださっています。

目次へ   次へ