3.「婦人よ、御覧なさい。あなたの子です。・・・見なさい。あなたの母です。」

「イエスの十字架のそばには、その母と母の姉妹、クロパの妻マリアとマグダラのマリアとが立っていた。イエスは、母とそのそばにいる愛する弟子とを見て、母に、「婦人よ、御覧なさい。あなたの子です」と言われた。それから弟子に言われた。「見なさい。あなたの母です。」そのときから、この弟子はイエスの母を自分の家に引き取った。」ヨハ19:25-27

残酷な受難を受ける息子の姿を見ることは、母マリアにとって想像もつかないほど大きな苦しみです。イエスに対する人々の怒りや敵意は、母にも向けられます。犯罪人として扱われている息子の恥は、母の恥でもあります。イエスの多くの弟子とは違いマリアは、この苦しみから決して逃げません。イエスが好評され、その栄光の時に彼のそばにいたように、皆がイエスを罪に定め、暗闇が支配している今もそばにいます。この苦しみの中にも、神の言葉に承諾し、すべての人の救いのために神のみ旨に従うという約束を守ります。息子への愛にも、神への愛にも忠実です。それによって、誰よりも強くイエスを力付け、イエスがご自分の使命を最後まで果たせるように彼を支えます。

苦しみの最中、世の未来が決まるこの時に、イエスはこの世に残る母のことを心配しています。そして、以前に主人を失い、今一人子の息子を失いつつある母をご自分の最も信頼できる弟子の世話に委ねます。同じように、イエスはわたしたちの弱さを知っていますので、わたしたちにご自分の母を与えてくださいます。わたしたちは、聖母マリアを自分の母として受け入れるなら、マリアは必ず自分の忠実な愛によってわたしたちを支え、特に愛に苦しみが伴い、愛に生きることが難しくなる時に力付けてくださいます。マリアの支えによって、わたしたちもイエスの愛する弟子に、すなわちイエスのように愛することのできる弟子、自分の生き方によって父である神ご自身の愛を現す弟子になることができます。

目次へ   次へ