1. 「父よ、彼らをお赦しください」

「ほかにも、二人の犯罪人が、イエスと一緒に死刑にされるために、引かれて行った。「されこうべ」と呼ばれている所に来ると、そこで人々はイエスを十字架につけた。犯罪人も、一人は右に一人は左に、十字架につけた。〔そのとき、イエスは言われた。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」〕人々はくじを引いて、イエスの服を分け合った。」ルカ 23:32-34

ローマの総督のピラトがイエスを裁きましたが、何の罪も見いだせませんでした。それにもかかわらず、イエスを十字架に付けるという残酷な死刑の判決を下しました。イエスは、そんな不正に対する報復を求めないし、ご自分を助けることも求めません。この不正を企てた人々のために父である神に取り成します。ご自分を苦しめ、十字架に付けた人々のために赦しを願います。

イエスを不正に裁いて、十字架に付けた人々は、イエスの愛を知りませんでした。彼らの心が閉じていたので、彼らは自分たちが一番求めていたもの、一生追求してきたものをイエスが与えていたということを見出すことができませんでした。イエスを死刑に定めることによって、彼らはイエスの愛を捨てました。けれども、イエスの愛は変わりません。彼らを愛し続けています。彼らのために神の赦しを願って祈ることによって、彼らが自分たちの心を開き、イエスの愛を見出し、それを受けることをイエスは今でも求めておられることを現します。

イエスは、神がすべての人を愛しておられるということを教えていました。神は、ご自分の愛を無視している人をも愛しておられます。ご自分の望みに逆らう人、ご自分の恵みを無駄使いをしている人さえ愛しておられます。イエスが、この世に来られたのは、人々を神と和解させるためです。愛を求めても、絶えずそれを拒んだり、滅ぼしたりする人を、絶えることのない愛の源である神と和解させるためです。イエスの祈りは、神ご自身の望みです。神は、わたしたちの最も大きな罪さえも赦し、ご自分の愛をわたしたちに与え、それを受けるようにと常に呼びかけておられるのです。今、父である神は、わたしたちの返事を待っておられます。

目次へ   次へ