十字架上のキリストの最後の七つの言葉

始めの祈り

主イエス・キリスト、あなたがいつもわたしたちに命の言葉を語ってくださること、特に、十字架上から、ご自分の遺言のように尊い言葉を送ってくださったことを心から感謝いたします。

主よ、これからこの言葉に耳を傾け、それを黙想するわたしたちを祝福し、わたしたちの心に命と愛の霊である聖霊を遣わしてください。雨が大地を潤すように、聖霊がわたしたちの心を開き、準備させますように。そして、耕された良い土地に蒔かれた種が豊かな実を結ぶように、わたしたちの心に蒔かれたあなたの言葉が、わたしたちの内に根ざして、成長し、素晴らしい実りを生み出すことができるように、わたしたちがこの言葉に従い、それを生きるために必要な力をお与えください。アーメン。

1.「父よ、彼らをおゆるしください。自分が何をしているのか知らないのです。」

2.「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる。」

3. 「婦人よ、御覧なさい。あなたの子です。・・・見なさい。あなたの母です。」

4.「渇く。」

5. 「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか。」

6.「成し遂げられた。」

7.「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます。」

終わりの祈り

主イエス・キリスト、あなたご自身が体験されたような苦しみの中にも愛することが可能であるということを示してくださったこと、また、父である神の愛の素晴らしさとその力強さを現してくださったことを心から感謝いたします。

主よ、父である神の愛が最も重要な宝物であり、あらゆる悪や苦しみ、または死よりも力強いものであるということが見出せるように、わたしたちの目を開いてください。また、この愛を受けることができるように、わたしたちの心を開いてください。わたしたちを欲望と恐れの支配から解放し、わたしたちはどんな状況においても、父である神の愛に忠実に生き、最後にあなたのようにわたしたちの霊を御父のみ手に委ね、いつまでも父と、父と一致しているすべての人と共に、愛の交わりのうちに生きることができるように、わたしたち一人ひとりを絶えず導いてください。アーメン。

「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」(PDF)