キリスト教入門講座へのご招待

PDFファイル

初めまして。私は、カトリック教会の司祭、ボグスワフ・ノヴァクと言いますが、普段は、ボクダン神父と呼ばれています。

来日してから、もう30年以上経っていますが、まだ、たまに、「どうして、司祭になりましたか?」。「どうして、宣教師になりましたか?」と聞かれることがあります。

実は、このような質問に詳しく応えて、文書を書きました。この文章をホームページ(http://www.nowaksvd.net/jpn/index.php/taiken/)に投稿されていますので、興味のある方は、ご覧ください。

そこに書かれている内容を短くまとめてみると次のようになります。すなわち、17歳の時にイエス・キリストとの出会った体験をとおして、イエスの愛とイエスのすばらしさを知りました。その時から、できるだけ多くの人々に、イエスの愛とイエスのすばらしさを知らせたいという望みをもつようになりました。この望みは、次第に宣教師になるための、イエスの招きであるという確信をもつようになり、宣教修道会である神言会に入会しました。

この出会いから、もう既に40年近く経っていますが、イエスの愛とイエスのすばらしさを多くの人々に知らせたいという望みが消えていないだけではなく、段々と強くなっています。この望みが強くなっている理由が、少なくとも二つあると思います。

まず、一つは、イエス・キリストを段々と深く知っているからです。

もう一つは、非常に多くの人々は、イエス・キリストから離れていて、現代が与えているもので心の飢え渇きを満たそうとしている様子を見て、イエスのことを知らせることは、ますます必要であるという確信が強くなっているからです。

確かに、現在の世界は、人類の歴史になかったような、非常に多くの可能性を私たちに与えています。その中には、良いものが沢山ありますが、多くの人は、人生において何が大切か、幸せになるためには、何が必要であるかということが分かっていないために、間違った選択の結果、他の人や自分自身に害を与えたりします。物質的に豊かになっても、心の飢え渇きを満たすことができないだけではなく、段々と大きな欲求不満を抱いていますし、精神的に貧しくなっています。そして、幸せになる代わりに、むしろ不幸になっていっています。

イエス・キリストを信頼して、イエスに従う人は、この世が与えることのできない愛、平和と喜びに満たされるだけではなく、正しい価値観、選択の正しい基準も与えられますので、ますます複雑になっている現実においても、正しく、力強く生きることができます。

言い換えれば、イエスを知るようになって、信仰と愛の絆によってイエスと結ばれる人は、どんな状況においても幸せに生きることができますし、この世が与える可能性を生かして、人間として、成長することがでるということです。

最後に、もう一つ大事なことを言わなければならないと思います。イエス・キリストを知ることは、知識の問題だけではありません。必要なのは、本人と直接に出会うことです。実際にこの出会いは決定的なもので、勉強は、準備の段階にすぎないのです。ですから、イエス・キリストとその教えについて学ぶと同時に、祈ることがどうしても必要なのです。

この入門講座を、「ステップバイステップ」と名付けましたけれども、それは、イエスのこと、また、イエスの教えを少しずつ紹介したいと思っているからです。できるだけ、一つの講話を15分ほどの長さにして、本当に一歩ずつ、ステップバイスッテプで進みたいと思います。

これから、イエス・キリストを紹介するために、自分にできることをしていきますけれども、皆さんが心を開いて、聖霊に照らされて、イエスのことを知るようになるだけではなく、イエスを愛するようになるようお祈りします。どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です